トイレトレーニングの“コツ”

そろそろチャレンジしたいトイトレ! 保育のプロ・坂先生に教えてもらいました

 

名古屋学芸大学ヒューマンケア学部子どもケア学科 教授

特定非営利活動法人子育て支援を考える会TOKOTOKO理事長

坂 鏡子先生


─トイレトレーニングはいつ頃始めるのが良いのでしょうか? 

坂先生 保育園や幼稚園に入る前におむつをはずしたいと考えるお母さんが多いですが、それよりも重要なのはタイミングなんです。まずは、お子さんが肌に触れるおしっこを温かい・冷たいと自覚できるようになること。そして、1時間~1時間半くらいおしっこの間隔が空くようになったら、トイレトレーニングに最適な時期。おしっこの間隔は個人差があるので、お子さんのおむつを時々覗いて時間を計ってみましょう。

 

─トイレトレーニングを成功させるコツみたいなものってあるんですか? 

坂先生 トイレトレーニングは「必死にやってもうまくいきません!」という声もよく聞きます。大事なことは、お子さんが自分でおしっこをするのは気持ちがいいことだと感じること。保育園では、子どもたちが並んで楽しそうにおしっこをします。ご家庭でも、ぜひ一緒にトイレへ入り「ほらママ出たよ。○○もしてみよ?」と気楽に声掛けして、出たら「おしっこ出たね~! きもちいいね!」と一緒に喜びましょう。トイレに誘う間隔を見計らうのもポイントですよ。

 


● TOKOTOKO運営 ひだまりの家

坂先生が理事長を務める小規模保育園では、名古屋学芸大学の生徒も関わり、親子が人の輪の中で育つことを実践している。

hidamari21house.wixsite.com/hidamari 

カテゴリー

創寫舘公式

frame COUPON

instagram