前回は夜フォトと題して、花火や夜景を撮るコツをご紹介しましたが

夏に花火が多い理由、みなさんご存知ですか?

8月も残りわずか。月末まである夏の風物詩、花火を楽しみましょう!

今回はそんな花火についてのお話です。


夏の風物詩といわれる由来

最近ではイベントに関連して、夏以外でも見られるようになりましたが

見ることができる頻度からいっても「 花火 = 夏の風物詩 」ですよね。

花火が盛んになったのは江戸時代からといわれていますが、もともとは疫病などで亡くなった人の慰霊を願い

その時に花火をあげたのがきっかけとされています。

花火は本来、迎え火や送り火など魂や霊を供養するもの。そのためにお盆前後によく見られるようです。

また諸説ありますが、近年ここまで花火大会が増えたのは、終戦を迎えた8月に戦争で亡くなった方たちに向けてだという話もあります。

花火が上がる時の「たまや〜」って何?

今はもうほとんど聞かなくなりましたが、花火が上がる時に「たまや〜!」という掛け声があるのはご存知ですか?

花火が広まった江戸時代、特に活躍した花火師として「鍵屋弥兵衛」や「玉屋市郎兵衛」と名があげられます。この玉屋市郎兵衛が業務上の事故から、一代で商売を終えることに。

「たまや」というかけ声は、江戸を去った玉屋市郎兵衛の屋号をとり、エールを送る意味でかけられたといいます。また、「かぎや」より語呂が良かったので浸透し、現代まで残ったという説もあります。

種類もさまざま

夏の花火についてご紹介してきましたが、花火って形も色も本当に様々。年々いろんな花火・演出が出てきているような気もします。

花火大会などで見ることができる基本的なものは「打ち上げ花火(正しくは『打揚花火』)」「仕掛花火」。家庭で楽しむことができるのは「がん具花火」といいます。

打ち上げ花火だけでも「割物」「ぽか物」「半割物」に分類できます。

割物は星(光や色彩、煙を出す部分の火薬)が四方八方に飛ぶもの、ぽか物は上空でくす玉のように2つに割れ部品などを放出するもの、半割物とは上空で開きその後多くの小さな花(後述の牡丹、菊など)が一斉に開くものを指します。

それぞれには一発ごとに「菊」「牡丹」など、花火が開いてから消えるまで、どんな現象をあらわすかを表現した「玉名(ぎょくめい)」という花火の名前が付けられています。

今年最後の花火は種類も覚えて鑑賞してみるのも面白いですね。

いかがでしたか?

✳︎ 




✳︎
✴︎
・ 


写真館創寫舘のウェブサイトはこちら♪ 
http://soshakan.co.jp/

カテゴリー

タグ

創寫舘公式

frame COUPON

instagram