7月も下旬に差し掛かりました。みなさん、夏バテはしていませんか?

この時期になると体の疲れが取れない、食欲がない、なんて話題も多いですが

同じようにお店などでよく耳にするのが「土用の丑」。

耳で聞く限りだと「曜日の土曜」と勘違いしてしまいそうですが、曜日は全く関係ないんですよね。

今回はそんな土用の丑についてご紹介します。


土用の丑、とは

「土用」とは、立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉

昔の暦(こよみ)では日にちを十二支(子・丑・寅・卯…)で数えていました。

これらをまとめると、” 土用の丑 ”とは土用の期間におとずれる丑の日の事を指しているのです。

そして、土用は毎年違うため土用の丑の日も毎年変わります。

ちなみに、2019年の土曜の丑は『 7月27日 』となります。

なぜ、うなぎを食べるの?

今のようにウナギを食べる習慣が一般にも広まったのは江戸時代。

一説によれば「夏に売り上げが落ちる」と鰻屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が、

「本日丑の日」
土用の丑の日うなぎの日
食すれば夏負けすることなし

という看板を立てたら大繁盛したことで、ほかのウナギ屋もマネをするようになったんだとか。

これは、日本初のコピーライティングともいわれています。

実際のところ、ウナギにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復・食欲増進に効果的な成分が含まれているので

夏バテ防止にピッタリの食材ともいえます。

実はウナギ以外の食べ物でも◎

ウナギ以外には「丑(うし)の日」の「う」のつく食べものがいいといわれています。

例えば、うどん・ウリ・梅干し・馬肉(ウマ)・牛肉(ウシ)など。

いずれも栄養価が高い、または食欲がなくても食べやすい食材ばかりです。

食べて体力をつけよう!元気になろう!というのは、時代に関係なく共通の考え方なんですね。

いかがでしたか?

✳︎ 




✳︎
✴︎
・ 


写真館創寫舘のウェブサイトはこちら♪ 
http://soshakan.co.jp/

カテゴリー

タグ

創寫舘公式

frame COUPON

instagram