【創寫舘がおくる】
七五三の歴史を知ろう!

日本人なら誰もが経験したことのあるイベント、七五三。身近な行事ですがその本来の意味について知る人は意外と少ないんです!今回はそんな七五三について編集部が調べてみました♪


そもそも七五三って?

七五三とは、子供の成長をお祝いし、子供自身にもその自覚してもらう行事なんです。 あの子供に持たせる千歳飴には、子供が元気よく成長し、長生きできますように、という願いがこめられています。

七五三の由来は?

その昔の七五三は年齢ごとに異なった行事を行っていたようです。 子供が2〜3歳の時にはそれまで剃って短いままだった子供の髪を伸ばし始める「髪置き」を行い、3~7歳の子供は、初めて袴〔はかま〕をつける「袴着」を行いました。最後に5~9歳の間に、それまで着物を留めるのに使っていた紐を帯に変える「紐落し」または「帯解き」が行なわれました。

昔は子供が7歳まで成長することは稀だった!?

今のように医療技術が発達しておらず、清潔な環境が整っていなかったその昔は、乳幼児で亡くなることが多く、成長する子供は幸運とまで言われていました。そのことから「七つ前は神のうち」といわれ、7歳未満の子は神がその運命を決めると考えられていました。そこで人々は子供が歳をわ重ねるごとにその成長を祝ったのです。

七五三の今

ただ参拝してお賽銭〔さいせん〕をあげて子供の成長を祈願することが現代の七五三の主流です。また、お参りする日も11月15日にこだわらず、その前後や別の月に行う、自由なスタイルが今風です。


いかがでしたか?

七五三という行事に込められた子供を思う気持ちを改めて実感できたのではないでしょうか? 七五三の時期が特に定まっていない現代だからこそ、家族みんなで大事なお子様の成長を祝いましょう!




.
.
.
.

七五三の思い出は、創寫舘で。

http://soshakan.co.jp

カテゴリー

タグ

創寫舘公式

frame COUPON

instagram