おうちdeハンドメイド♪特集_01

ヒンメリで飾る
かぞくフォト 01

北欧フィンランドに伝わる伝統的なモビール「ヒンメリ」。本来は麦わらに糸を通して作りますが、カラフルなストローで代用したハンドメイドクラフトが流行中。かぞくフォトとヒンメリを組み合わせたおうちデコレーションにチャレンジしてみませんか?

家族の幸せを願って
「ヒンメリ」を作ろう!

「ヒンメリ」とは、「光のモビール」とも言われるフィンランドの伝統的な装飾品のこと。古くから太陽祭や、誕生祭の時などに用いられ、現在はクリスマスの装飾品などにも使われています。スウェーデン語で“天(=himmel)”を語源とする「ヒンメリ」は、精霊が宿る幸運のお守りとされています。寒冷な気候のフィンランドでは、雪深い長い冬の間、家族の幸せを願いつつヒンメリづくりをすることは、楽しいあたたかな時間なのでしょうね。
異なる大きさの幾何学的な多面体が組み合わさった形状は、シンプルながら組み合わせによっていくつもの表情を見せてくれます。空気の揺らぎに反応してゆったりと動く様子もステキです。本来は麦わらで作るものですが、もっと手軽に、カラフルなストローで代用したハンドメイドインテリアも流行中です。基本の作り方を試したら、ぜひオリジナルにもチャレンジしてみて。


ヒンメリの作り方♪

基本のシンプルな正8面体の「ヒンメリ」を作ってみましょう。

〈用意するもの〉好きな色のストロー、タコ糸もしくは毛糸、はさみ、お好みでビーズや飾り糸などの装飾品

材料を用意します。今回はモノトーンで作成。
同じ長さのストローを12本用意。今回は10cmと15cm。
15cmの正8面体を作ります。糸は15×12cmプラスα。もし足りなくなっても結び目を隠せばOK!
糸の両端をテープで巻いてカットすると通しやすいです。
1本目のストローを通します。
続いて2本目。
3本通したら結びます。
正3角形ができました。
次に長い方の糸にストローを通します。2本通して…
結びます。
同様に2本追加して結びます。
さらに2本追加して結ぶ、を繰り返して
11本でこのカタチになります。
12本目を通して、★と★を結びます。
一部、立体になりました。
短い糸を用意して、
さらに★と★を結びます。
正8面体ができました。
結び目はストローの中へ押し込みます。
同じように10cmも作成し、2つをつなげます。
できあがり♪

ひとつ作ってみるとコツがわかり
意外とカンタンにできます♪
ストローの長さを変えれば
正8面体の大きさを変えられます。
また変形タイプなど、バリエーションも無限!
WEB検索すると様々なカタチの
「ヒンメリ」が出てきますよ。
ビーズをぶら下げてみました。
たくさんのパーツを繋げていけば大きな「ヒンメリ」に。
飾り紐でタッセルも作ってみました☆

ゆらゆらと揺れる「ヒンメリ」は眺めているだけで癒されます。
少しづつ増やしていくのも楽しいですよ。
家族の幸せを願いながらつくるハンドメイドの幸せなひとときを♪

カテゴリー

創寫舘公式

frame COUPON

instagram