創寫舘が教える

そうだったんだ!日本の成人式のあれこれ集めました♪


知ってる?成人式の始まりは戦後間もない時代だった!

2019年1月14日は成人の日。「平成最後」の成人式になりますね。 では、現在のような成人式を「最初」に行ったのはどこなのでしょうか。生まれ育った地域の新成人が一堂に集まる成人式は、第二次世界大戦の敗戦間もない1946年(昭和21年)11月22日に埼玉県蕨町(現在の蕨市)が発祥の地と言われています。敗戦の喪失感の中、次代を担う青年達を励ますため、当時の青年団長が主となり企画された「青年祭」の中のプログラムの一つとして「成年式」が執り行なわれたそう。蕨市では現在でも成人式のことを「成年式」と呼んでいるそうですよ。 また、宮崎県諸塚村も「成人式発祥の地」を称していて、こちらは1948年(昭和22年)4月3日に行なわれた諸塚村の成人祭がルーツとされています。 どちらも、戦後間もない混乱の時代に若者たちに希望を与えたいとの願いから行なわれた行事のようです。

着物を着て祝うのはハタチだけじゃない!様々な歳の節目に祝福を♥

最近では、新たに30歳を迎える人への激励・祝福を行うイベントとして、三十路式(みそじしき)や、30歳の成人式が行なわれている地域もあるそうですよ。さらに千葉市では、熊谷俊人市長が発起人となって『40歳のW(20歳×2)成人式』が行なわれたそう。千葉市生まれで高校卒業まで千葉市で過ごし、2017年に40歳を迎えた南海キャンディーズ・山里亮太さんが、地元への恩返しと地域活性化の一旦を担うべく企画したこのイベントは、2019年以降も続けたい、とのこと。人生の節目とも言える40歳に、改めて人生を考えるよい機会ですよね。

え?来年で最後かも?!成人式を20歳で迎えなくなるかもしれません

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案が参議院本会議で可決され、2022年から施行されます。成人式を何歳で行なうか、気をもむ人もいらっしゃるかもしれませんね。成人の日は大人になったことを自覚し、気持ちを新たにできる記念の日。準備をしっかりとして、思い出に残る日にしたいですね。

 

いかがでしたか?

私たちにとって成人式というのは、いわばお祭りのような感覚になりつつありますが、かつては大変な思い入れがあって作られた大切な儀式であったことがわかりますね。どの時代になっても、忘れないようにしたいですね!思い出に残る成人式、本来の意味を理解しながら目一杯楽しみましょう!

   


✳︎ 



✳︎
✴︎
・ 

写真館創寫舘のウェブサイトはこちら♪
http://soshakan.co.jp/

カテゴリー

タグ

創寫舘公式

frame COUPON

instagram